マンションの1室を改修した、夫婦二人暮らしの住居
既存の壁を壊して窓からの光を取り込むことで開放的で明るい空間を実現した。
47㎡の半分以上をLDKのワンルーム空間とし、
バルコニーへ続く大きな掃き出し窓と壁面の7mに及ぶカウンターが空間を取り巻く。
それらの仕掛けが一つの空間に多様な暮らし方のシーンを提供する。

用途:住宅(リノベーション)
竣工:2022年
構造:RC
場所:東京都葛飾区
撮影:鶴田叡(家具あり写真)